**プロフィール**

 

大野 多恵子(おおの たえこ)

 

 

 

 ハッピー冷蔵庫アドバイザー

 ライフオーガナイザー

 日本ライフオーガナイザー協会認定講師 

               東京都在住

 

大学卒業後、日本鋼管勤務。結婚後は夫の転勤でアメリカに5年間在住し、現地で出産。

帰国後、静岡県三島市にて国際交流活動に携わり、冊子編集がきっかけで、フリーライターに。

食、暮らし、環境などジャンルは幅広く、20年間に渡って取材記事を書き続け、その数約1,500件。

 

特に、朝日新聞系列のタウン紙では、10年間伊豆の穴場とされる隠れ家的スポットや人物の取材に飛びまわり、記名入りで書いていた店紹介は、掲載されるたびに反響を呼び、繁盛店へとつながった。

 

2011年、「思考と空間の整理」を行うプロ・ライフオーガナイザーの資格を取得。長年執筆してきたテーマである「エコ」と「片づけ」をつなぐオーガナイザーとして、「衣食住のもったいない整理法」などのセミナーを開催。

 

2013年、食品ロスについて考える「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」のスタディツアーメンバーになったことをきっかけに「冷蔵庫の整理とフードロス削減」について研究を始める。

 

現在、ハッピー冷蔵庫アドバイザーとして、「冷蔵庫の整理によって、個人も社会も幸せに」をコンセプトに、セミナー、ワークショップを開催している。

 

2016年、竹書房より「冷蔵庫さえ片づければ、なにもかもうまくいく」を出版。

同年8月、「片づけ大賞」を受賞。

 

【ライターとしての取材記事 掲載媒体】

朝日新聞系列タウン紙、学研、昭文社、アサヒビール、静岡新聞出版局、静岡県広報紙

ぐるなびプレミアム、カタログハウス、100万人のキャンドルナイト、JFS環境ニュース

リクルート、Think the Earth 地球ニュースなど

 

【ハッピー冷蔵庫アドバイザーとしての監修記事・掲載記事】

フェリシモ「サルベージワークショップ」、ゼクシィアプリ「冷蔵庫の整理法」「利き脳によるキッチン整理法」、JA発行「家の光」、COMORIE(コモリエ)、PHPくらしラク~る♪、オレンジページ、SUUMOジャーナル

 

【セミナー・講演実績】

ミサワホーム、ブリリアシティ横浜磯子、グローバル文化交流協会

日本ライフオーガナイザー協会カンファレンス、「オーガナイズデー」チャリティイベント東京会場、名古屋会場

札幌市後援「フードロスチャレンジ」

シブヤ大学、クリナップ練馬、ジャパン・フォー・サステナビリティ、静岡県三島市消費生活講座 など

 

【所属団体】

日本ライフオーガナイザー協会